量産型 こぼれないポケット付き食事エプロン

食事エプロン。
離乳食をスタートした赤ちゃんをはじめ、ひとりで上手に食べられるようになるまでは、洗濯物を少しでも減らしたいお母さんには必須のアイテムではないでしょうか??

巷で売っているものやハンドメイド品で多い食事エプロンは、本体とポケットが縫い合わされているんですよね。
ポケットはそのまま縫い合わされていたり、裏から返してポケットに若干の立体感を出したり。

でもこれって、ポケットが真っ平らだからなかなかこぼれモノが入らないんでは?
または、縫い目の間に食べ物や汁が挟まる/染みていっちゃうんじゃない??と。
その縫い合わせ部分が洗いにくいし、味噌汁とかこぼされたらエプロンしててもその縫い目から漏れてきちゃうのではないかと思うわけです。
かといって縫い目の無く立体的なプラスチックのやつは、機能は満たしているけども携帯性や肌触りがイマイチだし。

私の思う理想系食事エプロンは:
 ・ポケット部分から食べ物・汁が漏れない
 ・ポケット部分が立体的になっており、ちゃんと受け皿の役目をする
 ・お出掛け時/保育園に持って行っても楽にたためてかさばらない
 ・洗濯機でも洗えちゃうような、肌触り/首当たりの悪くないもの
 ・夏でも暑くならないよう、スモックタイプではなくスタイ型
でした。

で、スタイを参考に完全自前でパターンをおこし(新聞広告使用w)2、3回のサイズ調整および型紙修正を経て出来上がったのがこちらの食事エプロンです。


ムスメは「食」に関しては比較的成長が早くて、5,6ヶ月の頃にはもうストローでお水/お茶を飲めていたし、コップやスプーン・フォークも1歳前から自分で使いこなそうとしていて。
このエプロンのお陰で服は全くといって良いほど汚れないし、ポケット部分も一枚布なのでムスメはそこから食べこぼし(それが汁でも!)をスプーンでちゃんとすくって食べてくれます。
着脱もマジックテープ一箇所で超楽だし、手洗い・洗濯してもすぐ乾くし。
そして折りたたむと↓こんなカタチにも。表(汚れる面)を内側に、くるくる丸めてスナップ止めまで出来ちゃいます。


...こんな良い事尽くめな(笑)食事エプロン、宜しければハンドメイド縫い縫いしてみませんか?ということで、無料型紙および無料レシピを公開させて頂きますvv
 ・#1:用意するもの
 ・#2:無料型紙ダウンロード・作り方
2012.06.02 Saturday | comments(0) | 
<< トレーナーのリメイク | main | サンタクロース衣装&クリスマスワンピース >>